thumb

假屋崎省吾氏のギャラリー展にて

「昭和の竜宮城」と謳われた、豪華な装飾美に包まれながら食や一流のおもてなしを提供する歴史あるホテル【雅叙園】。毎年開催されている假屋崎省吾氏によるギャラリー展にて、エントランス内の壁面ウォールを施工いたしました。
植物の躍動感や色彩を阻害することのないように、設置場所の壁や床の質感に近づけるように色彩を調整。主張しすぎない植物のアレンジに光を組み合わせて、圧迫感の無い壁面緑化に仕上げました。

thumb thumb

花材を合わせても約60万円で施工。

プランターの使用個数は約200個。本来はPRAI.の集合体を固定する場合、固定用の取り付け金具をご用意しているのですが、この施設の壁面には専用のレールが設置されていたため、このレールに合う留め金物を制作する必要がありました。 弊社ではPRAI.の提供と設置だけでなく、専用金物の共同開発も行い、季節によってデザインを変えられる専用モジュールについても、第一園芸社と共同で開発をいたしました。 個展開催期間だけの設営で商品もリース価格にて対応しコストを抑えることができました。
[施工費:/施工/花材/商品 60万円]